5月15日 「標的の村」上映会 ~踏みにじられる沖縄~

熊谷市でも市議会で沖縄の普天間基地や辺野古の問題が取り上げられるなど、沖縄のことは私たちと決して無関係ではありません。しかし私たちはそこで暮らす人びとのことをどれだけ知っているでしょうか。熊谷に米軍基地があったらどんな気持ちになるでしょうか。
上映会の開催日である5月15日は、戦後米軍に占領されていた沖縄が日本に返還された日です。占領下での人びとの苦しみが、日本復帰後も続いていることがこの映画を観るとよく分かります。一人でも多くの方にご覧いただきたいと願っています。

日時:5月15日(日) 13時30分開場 14時開演(16時15分終了)

場所:熊谷市荒川公民館ホール(熊谷市宮前町1-24-1)

参加費:前売り券1,000円 当日券1,200円
(障害者・高校生:半額 中学生以下:無料)

託児スペースあり 日本語字幕あり

お問合せ・前売り券申込:070-5551-7734(東)

標的の村公式サイト:http://www.hyoteki.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です