12月17日第14回定例会を開催しました。

12月17日に行った第14回定例会の内容を報告します。

1.来年のイベントについて

 「人間が人間を殺すために作った施設 人間の誇りと尊厳を奪った場所 アウシュビッツ」
~ナチスの収容所で子どもたちは4000枚の絵を残した~
内容:作家野村路子氏と詩人中原道夫氏が熱く語る文学者からのメッセージ
日時:2017年4月16日(日)13時開場 13時半開演
会場:未定(荒川公民館を検討中)
役割分担:次回話し合い
教育委員会の後援を検討する。

2.広報活動

イベントちらし、星川だよりを配布する。
熊谷近辺のお店や、各種施設に配布するための担当を決めた。
星川だよりの冬号は今月仕上がる予定です。

3.報告

 12月11日(日)中央公民館で「~戦争させない オール熊谷市民アクション~『安保法制と私たちのくらし』」シンポジュームに参加

4.次回定例会は以下を予定しています。どなたでも自由にご参加ください。

日時:2017年1月14日(土)10時から11時半
場所:市民活動支援センター(会議室)
議題:イベント役割分担、共闘について、会の運営について、スタンディングの時間帯について、賛同人について

終了後に新年会(昼食)を予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です