3月18日に第17回、4月15日に第18回定例会を開催しました。

3月18日と4月15日に行った第17回、第18回定例会の内容をまとめて報告します。

1.4月16日「熊谷空襲とアウシュヴィッツ」

1)チラシ・ポスター
・東京新聞に3,000部折り込み
・A2サイズポスターを荒川公民館に貼る。

2)準備
・会のパンフレット、星川だより、カンパ箱
・花束
・電話予約一覧表

3)当日の役割分担
・司会、挨拶、受付・もぎり・物販、駐車場案内
・会場と玄関に案内の張り紙
・写真撮影

4)タイムスケジュール
12時  スタッフ集合
13時半 開場
14時  開演
16時  質問・感想
16時半 花束贈呈、入会案内、終了
片付け

5)その他
・講師との懇親会をみんなの家で実施する。

2.その他

1)4月3日に「野党を応援する会・12区」は「民主主義とくらしを考える会」に名称変更した。5月13日午後2時から市民プラザかぞで医療・介護に関する学習会を開催する。

2)4月18日に熊谷で共謀罪阻止共同行動の打ち合わせに参加する。
(※4月18日には「共謀罪NO! 熊谷の会」が立ち上がりました。)

3)『「九条俳句」市民応援団』から、映画「ハトは泣いている」を6月11日に熊谷で上映するので協賛団体になってほしいとの依頼があり、協賛することにしました。

3.次回定例会は以下を予定しています。どなたでも自由にご参加ください。

日時:2017年5月27日(土)10時から12時
場所:市民活動支援センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。