4/22に永田浩三さんの講演会 「戦争を伝える・戦争をしない ~メディアと記憶~」を行いました。

少人数ではありましたが、永田浩三さんの話をお聞きしました。1945年8月14日の熊谷空襲や、8月15日には新聞が配達されず、ラジオで終戦の詔勅が流れたあとNHKのアナウンサーが解説してほとんどの人が理解したということから話は始まりました。

NHKのクローズアップ現代で国谷さんが番組終了後に怒鳴りあげられたことや、番組改変で安倍さんが「勘ぐれ」と言われたことなどご自身が直接関わった話はもちろん、現在の日本の状況に止まらない、古今東西のジャーナリズムに関わる話をしていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です