10月16日に実施した第69回定例会の報告です

1.ニャオざねまつりの感想

  ・好評だった。
  ・知らない人が見ていてくれてよかった。
  ・パネルが4枚しか貼れないのはもったいなかった。

2.戦跡めぐり(来年春)について

  ・企画書を持って校長にお願いしに行かないと駄目といわれた。
  ・戦跡めぐりの中で石上寺の住職に講演をお願いしてはどうか。
  (結論)
  ・目的、期日、内容などを記載した企画書案を作る。
  ・実行委員を決めた。

3.空襲・戦災を記録する会

  ・10月23日20時からオンライン学習会があり聴衆として参加する予定。

4.星川だより

  ・予定していた原稿が集まらなかった。
  ・ニャオざねまつりの記事などを入れて再構成する。

5.その他

  ・戦後76年パネル展実行委員会からパネル展示と講演の依頼が個人宛てにあった。
    会場:浦和コムナーレ9階
    期間:展示12月3~5日、4日は講演
    パネルの搬入で協力する。搬出は宅配便を予定。
  ・「最後の空襲 熊谷」は須原屋さんが協力してコーナー展示してくれた。
  ・服部さん講演のDVD化を行っている。

6.他団体から

  ・「ミャンマーの人々に寄り添う会」からの協力依頼がある予定。

次回の平和講座および定例会は以下を予定しています。事前予約制です。

 日時:11月23日(火・祝)9時半~平和講座、11時~定例会
 会場:市民活動支援センター 会議室
 平和講座テーマ:ソ連崩壊から30年と日ロ関係 権威主義国家ロシアと付き合う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。