ブログ」カテゴリーアーカイブ

2月4日に実施した第95回定例会の報告です。

2月4日に実施した第95回定例会の報告です。

1.「東京大空襲の戦後史」講演会

   講師:栗原俊雄さん(毎日新聞記者)
   日程:3月31日(日)14時~
   会場:市民活動支援センター 会議室

 1)準備

   お車代をお渡しする。送迎が必要かどうかは確認する。
   ご著書10冊を販売する。
   ポスター(A3判とA2判)・チラシ作成
   予約制(定員35名)にする。
   資料代:300円。講師に資料を確認の上、配布する。資料がなければ毎日新聞の記事

 2)チラシ・ポスターによる広報

   チラシ:各公民館宛に配布
   ポスター:久下公民館、荒川公民館、肥塚公民館、籠原駅、さくらめいと
        高校、立正大学、すみれ食堂


 3)当日スケジュールと役割分担

   13時:スタッフ集合
   13時半:開場
   14時~16時:講演
   司会、挨拶、受付、会場統括、講師飲み物用意、駐車場、道案内、カメラ
   プロジェクターが必要かどうかは確認する。
   マイクセットを借りる。

2.倉橋綾子さんの講演

  5月か7月ぐらいに講演を企画する。

3.熊谷平和講座の参加者拡大

  事前予約で気軽に参加できない人がいる可能性があるので、完全な予約制ではなく「会場が狭いのでできるだけ予約してください」とする。

4.星川だより新春号

  校正中。

5.UNRWA

  「NGOによる外務省への要請文:日本政府によるUNRWAへの資金拠出一時停止の撤回を求めます」に会として賛同する。

6.情報共有

  社会福祉協議会経由で熊高定時制から授業の依頼があった。2月8日に実施。

次回の案内です。是非ご参加ください。

  定例会:3月9日(土)10時~ 市民活動支援センター ミーティングスペース
  
  講演会:「東京大空襲の戦後史」
      3月31日午後2時~ 市民活動支援センター 会議室

東京大空襲の戦後史 ~民間人戦争被害者を切り捨てるこの国の「戦後」とは何か~

熊谷空襲を語り継ぎ平和について考える講演会

◆講師 栗原俊雄さん(毎日新聞記者)
日にち 2024 年3 月31 日(日)
◆時 間 開場13:30 開始14:00 終了16:00
◆会 場 熊谷市市民活動支援センター 会議室
◆定 員 35名(ご予約お願いします)

◆資料代 300円(障がい者、学生無料)
◆主 催 熊谷空襲を忘れない市民の会

    予約先 東 (ひがし) 070-5551-7734
◆後 援 熊谷市教育委員会

12月24日に実施した第94回定例会の報告です。

12月24日に実施した第94回定例会の報告です。

1.ガザ地区「停戦」を願うNGO、人道支援団体、アカデミア、医療従事者、
  宗教者等による共同記者会見に当会として賛同する。

2.映画「ぼくたちは見た ~ガザ・サム二家の子どもたち~」報告

 ・定例会の直前(12月24日14時~15時半)に上映会を実施した。
 ・集まったカンパ2万3千円は、「パレスチナ子どものキャンペーン」のパレスチナ・
  ガザ緊急支援に寄付する

3.3月栗原俊雄さんの講演について

  「東京大空襲の戦後史~国に差別される民間被害者たちの苦しみと闘い」
  日時:3月31日(日)13時~17時
  会場:市民活動支援センター
  当日予定:13時半~ 開場、14時~16時 講演
  宣伝:ポスター&チラシ作成

4.JRひがし労主催 ウインターシネマ2023参加報告

 ・12月10日実施
 ・戦争体験者3人で参加
 ・JRひがし労は湾岸戦争がきっかけで平和活動に取り組むようになった。
 ・桐生悠々による信濃毎日新聞社説「関東防空大演習を嗤ふ」の紹介。
 ・問題提起「なぜ戦争が起こるのか」ディスカッション。
 (感想)
   ・協力して今後に生かせればいい。。

5.1月28日戦跡めぐりの協力依頼

  主催:さいたま市北区九条の会
  当日予定:熊谷駅10時、熊女、中央公園、石上寺、女神像
 ・当会への依頼
  1)熊女見学の許可申請と案内
  2)中央公園の案内

6.星川だより

  冬号:賛同人への配布
  新年号:年頭にあたって、3月講演会の宣伝

7.情報共有

 ・9条の会・熊谷でパレスチナに関する金子由佳さんの講演会を企画中。

次回の案内です。是非ご参加ください。熊谷平和講座は事前予約制です。

 日時 :2月4日(日)13:30~ 熊谷平和講座 15:00~ 定例会
 会場 :市民活動支援センター 会議室
 熊谷平和講座テーマ:中東戦争・パレスチナ問題の構造
      ~ガザ・イスラエル戦争の意味を考える
 申し込み:070-5551-7734(ひがし)

中東戦争・パレスチナ問題の構造 ~ガザ・イスラエル戦争の意味を考える~

熊谷平和講座の第55回目になります。概ね2ヵ月に1回開催しています。

時:2024年2月4日(日)13時半~15時
会場:市民活動支援センター 会議室
テーマ:
中東戦争・パレスチナ問題の構造 
    ~ガザ・イスラエル戦争の意味を考える~
講師:加藤一夫さん
参加費:無料 予約制

11月25日に実施した第93回定例会の報告です。

11月25日に実施した第93回定例会の報告です。

1.12月の講座

  映画「ぼくたちは見た  -ガザ・サムニ家の子どもたち-」上映(86分)
  12月24日(日)14時から上映会(15時半から定例会)
  カンパを集めてパレスチナ支援活動をしている団体に寄付する。
  どの団体にするかは次回定例会で決める。

2.来年3月講演予定

  栗原俊雄さんによる講演と質疑応答で、会場は緑化センターを候補とする。
  栗原さんの3月のご都合や内容を聞き、次回定例会で決める。

3.星川だより冬号

  記事:小林留美子さん追悼、JRひがし労戦跡めぐり、戦跡めぐり短歌、
  夏のマスコミ取材
  12月中に発行予定。

4.情報共有

  ・11月5日(日)JRひがし労高崎文化祭に参加
   初めての場所で、何やっているかと興味を持って入ってくる人が多かった。
   模造紙で戦跡めぐりについてまとめてあった。
   団体はエイサー、飲食店など

  ・12月10日(日)10時~12時(午前の部)13時~15時(午後の部)
   場所:商工会議所
   JRひがし熊谷地区実行委員会主催
   平和についてイベント開催予定。詳細は今後決める。
   当会への協力依頼あり。

  ・「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」縮小の件
   当会が賛同団体になった市長への要望書は4団体連名(民団、総連、
   日朝親善協会、東アジアの平和を考える市民の会)でだすことになった。
   ただし、民団からは返事待ちで、仏教会には声掛けをしている。
   内容は
   1)いままで通り一般の人も参列できること。
   2)実行委員会を必ず開くこと。

5.その他

  ・12/24定例会でお茶菓子、定例会終了後にケーキをだす。

次回の案内です。是非ご参加ください。上映会は事前予約制です。

 日時 :12月24日(日)14:00~ 上映会 15:30~ 定例会
 会場 :市民活動支援センター 会議室
 テーマ:「ぼくたちは見た  -ガザ・サムニ家の子どもたち-」
 申し込み:070-5551-7734(ひがし)
 

なお、次々回は以下を予定しています。
  2024年2月4日(日)13時半~平和講座、15時~定例会

映画「ぼくたちは見た  -ガザ・サムニ家の子どもたち-」上映会

熊谷平和講座は基本的に2ヵ月に1回になりました。12月は番外編を開催します。

日時:2023年12月24日(日)14時~15時半
会場:市民活動支援センター 会議室
テーマ:「ぼくたちは見た  -ガザ・サムニ家の子どもたち-」(86分)上映会

http://whatwesaw.jp/
参加費:無料 予約制

10月20日に実施した第92回定例会の報告です。

10月20日に実施した第92回定例会の報告です。

1.JRひがし労青年部 10月8日戦跡めぐり報告

 成果
  ・資料マップと栗原俊雄さんの毎日新聞記事(学徒出陣「10・21」が訴える」)
   を渡した。
  ・見る、感じる、広めるを訴えた。
  ・横のつながりができた。
  ・若い人たちがメモを取りながら真剣に聞いてくれた。
  ・11月5日の高崎文化祭でJRひがし労として熊谷空襲も展示したいとのこと。
  ・中家堂では店主が説明し、軍配せんべいや鳥観図をもらった。
  ・市内参加者の二人はとても勉強になり感想を短歌にしたいとのこと。
  ・参加者・スタッフは17名(JR12名、一般2名、スタッフ3名)だった。
 反省点
  ・写真を撮ってはいけない人がいたことがイベント終了後に初めて分かり、
   あやうく新聞に掲載されるところだった。新聞記事になる可能性が十分に
   伝わっていなかった。
  ・日曜日であるにもかかわらず熊女の敷地内を今回は特別に見学させていた
   だいたが、基本的には日曜日の対応はされないとのこと。

2.戦跡めぐりの依頼

  10月13日に東京と熊谷で空襲を体験された方が下見に来た。
  何団体かまとめたツアーをしたいとのことで、主催者ではなく、案内役を依頼
  された。日程が決まったら具体的に対応する。

3.星川だより冬号予定

  戦跡めぐりを終えて、短歌、8月マスコミの取材について、小林留美子さんを偲んで

4.毎日新聞栗原俊雄さんより

  ・熊谷に呼んでほしい、友好団体には講師料はいらないとのこと。
  ・開催時期など11月の定例会で決める。

5.横浜在住の熊谷空襲体験者へのインタビュー

  ・日程調整して訪問してインタビューと録画をする。
  ・映像記録を残したいので熊谷図書館にも話をしておく。

6.情報共有

  関東大震災朝鮮人追悼式や平和講座、パレスチナ問題、小川町のミサイル避難
  訓練の問題などを意見交換した。

次回の案内です。是非ご参加ください。平和講座は事前予約制です。

 日時 :11月25日(土)9:30~ 平和講座 11:00~ 定例会
 会場 :市民活動支援センター 会議室
 テーマ:「コモン」について考える 「社会主義・共産主義」は再生可能か?
 申し込み:070-5551-7734(ひがし)

「コモン」について考える ~「社会主義・共産主義」は再生可能か?~

熊谷平和講座の第54回目になります。毎月開催から2ヵ月に1回の開催になりました。

時:2023年11月25日(土)9時半~11時
会場:市民活動支援センター 会議室
テーマ:
「コモン」について考える
    ~「社会主義・共産主義」は再生可能か?~
講師:加藤一夫さん
参加費:無料 予約制

9月23日に実施した第91回定例会の報告です。

9月23日に実施した第91回定例会の報告です。

1.戦跡めぐり

 日時:10月8日(日)13:30~
 場所:市立図書館集合
 参加者:JRひがし労青年部(現在12名)および一般2名
 役割分担・準備:
  ・代表挨拶
  ・熊谷空襲についての概要説明
  ・案内人(3人)
  ・資料はA4判で4枚あり、データをJRひがし労に送る。
 当日スケジュール:
  13;30 図書館集合
  14:00 出発
  14:30 熊女
  15:30 石上寺
     平和女神像や中家堂の石灯籠、身代わり地蔵など
  17:00 解散

2.訃報

  8/24大久保利次さん、9/17 小林留美子さん

3.星川だより秋号

  ・8月イベントのパネラー3人
  ・大久保さん追悼(小林留美子さんの追悼は次号)

4.情報共有

  関東大震災朝鮮人追悼式について
    9/14に腰塚市議が一般質問したが報道以上の回答はなかった。
    市が主催することと、一般の参列を認めることを要望した。

次回と次々回の案内です。是非ご参加ください。平和講座は事前予約制です。

(次回)
 日時 :10月20日(金)13:00~ 定例会
 会場 :市民活動支援センター ミーティングスペース

(次々回)
 日時 :11月25日(土)9:30~ 平和講座 11:00~ 定例会
 会場 :市民活動支援センター 会議室
 テーマ:「コモン」について考える 「社会主義・共産主義」は再生可能か?
 申し込み:070-5551-7734(ひがし)

8月18日に実施した第90回定例会の報告です。

8月18日に実施した第90回定例会の報告です。

1.8/12イベントについて

  ・参加人数は42人(内マスコミ6人)。パネラーの大学生がよかった。
  ・企画が遅れたために、希望する時間帯で会場が確保できず、当日の時間が足りなかった。来年は年が明けたら企画した方がよい。
  ・取材のために案内したセンターホールの利用について意見交換した。

2.戦跡めぐりについて

  ・JRひがし労が主体
  ・日程:10月8日(日) 時間は未定
  ・参加者:最低でも15人~20人
  ・対象:30代がメイン
  ・石上寺、図書館の予約も必要なので、JRひがし労に早めに時間を決めることを依頼した。

3.北部戦争展賛同金について

  賛同金として5,000円を払う。

4.関東大震災朝鮮人追悼式について

  東アジアの平和を考える市民の会から追悼式縮小に関して以下の呼びかけがあった。
  (1)9月1日(金)13時に大原墓地の慰霊碑前に集まって焼香し花をささげる。
  (2)一般市民が参列できる追悼式にするように熊谷市へ連名で要望書を提出する。
  
  当会として賛同することにした。

5.星川だより秋号

  8/12イベントのパネラー3人にお願いする。1200字程度。

6.情報共有

  ・9月25日(月)熊谷雑学研究会において講師として熊谷空襲のことを話す。

次回は熊谷平和講座と定例会です。是非ご参加ください。事前予約制です。

 日時 :9月23日(日)13:30~熊谷平和講座、15:00~定例会
 会場 :市民活動支援センター 会議室
 平和講座テーマ:アジアと生きる 東アジア平和共同体は可能か