投稿者「peacekumagai」のアーカイブ

5月28日に実施した第75回定例会の報告です

1.戦跡めぐり(経過報告)

 ・熊谷女子高校から9月17日(土)13時半開始にしてほしいとの連絡があった。
 ・1,2年生が対象だが卒業生や日本史部生徒以外にも声をかける。
 ・参加人数によってはスタッフを増やす。その場合は事前学習が必要となる。
 ・熊谷女子高校内での呼びかけのためのチラシを作る。

2.熊谷上映会実行委員会(経過報告)

 ・熊谷市と熊谷市教育委員会の後援を取得した。
 ・上映債権の10万円は集まった。
 ・チケットを1300円で販売し、350人集めれば黒字になる計画にしている。
 ・NAOZANE6月1日号に記事がでる。
 ・チラシとチケットを印刷し、各団体の役員に配布して販売を開始する。

3.夏のイベント企画

 ・熊谷空襲の体験者の話を聞く。候補者3人に打診する。
 ・日程と会場:8月27日 緑化センター研修室(午後)&センターホール(午前・午後)

4.次号星川だより

 ・平和講座の感想文を記事にする。
 ・7月発行、6月中に原稿締め。
 ・カラーで300部A4判裏表で印刷する。

5.情報共有・連絡

 ・「ウクライナ戦争の即時停止を求める声明」を会のホームページに掲載した。

6.その他

 ・参加者の1人が地域素材を取り入れた社会授業を研究している。
  戦時下の人々の暮らしや社会の状況を授業で聞きたいとのこと。

6月の平和講座はありません。定例会は以下を予定しています。

 日時:6月25日(土)9時15分~ 定例会
 会場:市民活動支援センター 会議室
 

4月29日に実施した第74回定例会の報告です

1.戦跡めぐり経過報告

  ・3月22日に熊谷女子高校へ協力をお願いした。
   5月以降の実施は了解済だがコロナ禍の状況を見て決める。
  ・最初は熊谷高校、熊谷女子高校を対象にする。

2.「伊藤千代子の生涯」熊谷上映会の実行委員会経過報告

  ・8月11日午後2時、午後6時の2回上映の予定。
  ・文化センター文化会館ホール(500人定員)で460人を目標としている。
  ・賛同依頼文書を作り裾野を広げたい。
  ・映画上映債権10万円とそれ以外に5万円が必要となる。
  ・5月10日に第1回実行委員会の役員会を予定している。

3.「ウクライナ問題から見る参議院選挙」の賛同団体参加について

  日時:6月4日(土)PM2:00~
  講師:伊藤千尋さん
  会場:緑化センター 研修室
  主催:民主主義とくらしを考える会

  (結論)賛同団体となること、チラシに団体名を掲載すること、MLで宣伝することのいずれも了解した。

4.埼玉大学大学院在学生への教材作りへの協力

  ・「地域教材を活用した中学校社会科授業の検討―熊谷空襲の教材化―」というテーマで協力を求められ、4月5日に「最後の空襲 熊谷」をもとに戦跡めぐりをした。
  ・冨士見中で授業する予定とのこと

5.空襲・戦災を記録する会全国連絡会議

  ・仙台・空襲研究会の報告
   爆弾が落ちた中心地に銘板を埋めている。

6.ウクライナ戦争反対声明

  ・案をメーリングリストで確認してホームページで公開する。

7.情報共有

  ・熊谷市の動き(副市長2人,体育館の見直し、市役所の複合施設中止など)
  ・有志で週刊金曜日の読書会を始める。

次回の平和講座および定例会は以下を予定しています。事前予約制です。

 日時:5月28日(土)13時半~熊谷平和講座、定例会
 会場:市民活動支援センター ミーティングスペース
 平和講座テーマ:世界と日本の安全保障政策

3月5日に実施した第73回定例会の報告です

1.戦跡めぐり

  ちらしを実行委員会のメンバーにお願いする

2.東京大空襲資料展

  3月10日(木)~13日(日)
  参加希望者がいたのでチラシを配った

3.航空自衛隊基地見学

  コロナ禍のため延期する

4.上映会「わが青春つきるとも 伊藤千代子の生涯」

  3月30日10時~12時 市民活動支援センター於 第1回実行委員会
  上映会は8月11日を目指す
  追加で1名が実行委員に加わった。

5.「空襲・戦災を記録する会 全国連絡会議」

  2月12日第9回空襲オンライン学習会「富山空襲」に参加した。

6.「沖縄遺骨を海に捨ててはなりません 遺骨で軍事基地を作ってはなりません」

  請願を出すには議員との話し合いも必要なので、この時期まだむずかしい。

7.情報共有

  3月4日熊谷市議会では全会一致で「ロシアに対するウクライナ侵攻に抗議する決議案」が可決された。

次回の平和講座および定例会は以下を予定しています。事前予約制です。

 日時:4月29日(日)13時半~熊谷平和講座、定例会
 会場:市民活動支援センター 会議室
 平和講座テーマ:ウクライナ・ロシア戦争の深層 戦争の歴史的背景、国際環境、今後の展望について

ウクライナ・ロシア戦争の深層 戦争の歴史的背景、国際環境、今後の展望について

毎月開催している熊谷平和講座の第44回目です。

日時:2022年4月29日(金・祝)13時半~15時
会場:市民活動支援センター 会議室
テーマ:ウクライナ・ロシア戦争の深層 戦争の歴史的背景、国際環境、今後の展望について
講師:加藤一夫さん
参加費:無料 予約制

1月30日に実施した第72回定例会の報告です

1.高校生平和大使 核兵器禁止条約発効一周年記念集会での講演報告

・高校生平和大使は長崎や広島などで24代目、静岡では10代目
 ・オンラインでアメリカから4人、新潟、北海道からも参加があった。
 ・高校生平和大使のスピーチがあった。
 ・第5福竜丸を忘れないでほしいと講演した。

2.上映会「わが青春つきるとも 伊藤千代子の生涯」への協力依頼

(映画)
   監督:桂壮三郎 キャスト:井上百合子(主演)、窪塚俊介、竹下景子
   ※伊藤千代子 権力に抗して声をあげた少女。東京女子大で学ぶ。
    治安維持法下弾圧に倒れる。享年24。
 
 ・熊谷空襲を忘れない市民の会は賛同団体として名前をだす。
 ・有志が実行委員になる。

次回の平和講座および定例会は以下を予定しています。事前予約制です。

 日時:3月5日(日)15時~熊谷平和講座、定例会
 会場:市民活動支援センター 会議室
 平和講座テーマ:3.1から68年、3.11より11年
         ビキニ被ばくと原発事故の残された課題(仮題)

3.1から68年、3.11より11年 ビキニ被ばくと原発事故の残された課題(仮題)

毎月開催している熊谷平和講座の第43回目です。

日時:2022年3月5日(土)15時~16時半
会場:市民活動支援センター 会議室
テーマ:3.1から68年、3.11より11年 ビキニ被ばくと原発事故の残された課題(仮題)
講師:加藤一夫さん
参加費:無料 予約制

12月26日に実施した第71回定例会の報告です

12月26日に実施した第71回定例会の報告です。

1.今年度の反省と来年度の予定について話し合いました。

2.熊谷空襲戦跡めぐりのチラシを作成中です。

3.4月に航空自衛隊熊谷基地を見学することにしました。

  具体的な日程は次回の定例会で決めます。

4.トンネルの会(中島飛行機太田地下工場跡を保存する会)について

  群馬県太田市に、強制連行の歴史がある旧中島飛行機の地下工場跡地があり、
  トンネルの会では跡地を残す活動をしています。
  また栃木県足利市で毎年平和展を行っている人たちと太田の人たちがつながって
  いるとのことです。
  当会として太田や足利の人たちとゆるい繋がりをもつことにしました。

5.報告

  1)12/18に空襲・戦災を記録する会が主催する第7回空襲オンライン学習会に
    参加し土崎港被爆市民会議の活動の経過と現状、及び課題についての話を
    聞きました。
  2)12/4に浦和コムナーレで当会代表によるミニ講演会があり、パネル展にも
    出展しました。

次回の平和講座および定例会は以下を予定しています。事前予約制です。

 日時:1月30日(日)13時半~平和講座、15時~定例会
 会場:市民活動支援センター 会議室
 平和講座テーマ:核兵器禁止問題を再考する 核兵器禁止条約をめぐる問題状況
 

核兵器禁止問題を再考する 核兵器禁止条約をめぐる問題状況

毎月開催している熊谷平和講座の第42回目です。

日時:2022年1月30日(日)13時半~15時
会場:市民活動支援センター 会議室
テーマ:核兵器禁止問題を再考する 核兵器禁止条約をめぐる問題状況
講師:加藤一夫さん
参加費:無料 予約制